大規模工事の流れ

仮設工事

仮設工事は、「直接仮設工事」と「共通仮設工事」に分かれます。

直接仮設工事

外壁補修・塗装作業のため、マンション外周に足場を組立て、塗料等の飛散防止メッシュシートを設置します。

枠組み足場

組立て・解体作業が容易であり、部材強度上信頼性・安全性が高いことから本足場・棚足場として最も多く使用されています。

*画像をクリックすると、拡大画像がご覧になれます

システム足場

狭小地や複雑な形状においても、様々な寸法の製品を組み合わせることにより足場施工を可能にします。

*画像をクリックすると、拡大画像がご覧になれます

単管足場

建地・作業床の高さ等をある程度自由に決めることができる特徴を持ち、枠組み足場が設置できないような箇所に使用します。

*画像をクリックすると、拡大画像がご覧になれます

ゴンドラ

主な機種としてデッキ型、チェア型が多く使われています。補修・塗装等の作業の都度、設置・解体・撤去が簡単にできます。

*画像をクリックすると、拡大画像がご覧になれます

共通仮設工事

大規模修繕工事期間中、仮設の現場事務所・倉庫・トイレ・洗い場などを設置し周りには仮囲いを行ないます。

*画像をクリックすると、拡大画像がご覧になれます

このページのトップへ